Oさん(高3生 女性)

私は第一志望の都立看護専門学校に必ず入学したいと強く思っておりました。国数英のどの教科も基礎を固めることから始まりました。ですから、個別指導のコースを選択しました。
それまで勉強する習慣が無かったので、短時間でも必ず机に向かうことを習慣にしようと努めました。その日にやらなくてはいけないことを前日に書き出し、その日にやり切ることができなかったことは、翌日の一番始めに終わらせるようにしました。その日にやろうと思ったことを後回しにしないことは、勉強する上でとても重要だと感じました。また、やらなくてはいけないことを一日で終わらせる為にはどれ位の時間が必要なのかを考えて、行動する事で時間管理も以前と比べてできるようになりました。
数ヶ月の間でしたが、志望校に受かるために勉強した事は、時間管理がどれだけ大切なのかを学ぶきっかけになりました。この時間管理は専門学校に入学後も役立てられる糧となりました。
 

PAGE TOP